チケットぴあのリセール機能が便利すぎる!タイミングや申し込み方法を体験談をもとにご紹介!

チケットぴあのリセール機能が便利すぎる!体験談をもとに、やり方をご紹介します。
  • URLをコピーしました!

こんにちは。ゆきです。

このご時世、ライブやイベントに行きづらかったりするので、チケットを買うのをためらってしまうかもいらっしゃるのではないでしょうか。私もその一人です。

「せっかくチケット取っても行けなかったらどうしよう」とか「その時になってみないと、行けるかわからない」など、そんな方にぴったりなチケットぴあの機能をこの記事では紹介していきます。

チケットぴあには一度買ったチケットをリセールという方法で、他人に譲る(買ってらもう)という機能があるのはご存じでしょうか。

目次

チケットぴあ『リセール』とは

急遽ライブや公演に行けなくなった場合、事前に購入していたチケットを希望する方に定価にてチケットを譲ることができるサービスです。定価以上、定価以下で再販することはできず、転売防止にも繋がります。

リセールができるチケットとは

購入の際に引取方法として「Cloak」を選択したチケットのうちまだ発券していないチケットのみ、リセールができます。そのため、発券後はリセールできないのでご注意ください。

「Cloak」以外を選択して購入したチケットは対象外となってしまうため、注意が必要です。また「Cloak」で購入していても、発券済みのチケットは対象外となるため少しでも行かない可能性がある場合は、発券をしないことをおすすめします。

発券していなくても当選したチケットの席番号はマイページで確認できます!

リセール可能なチケットは、Cloak画面のリセールボタンが押せるようになっています。

チケットぴあのリセール機能
リセール可能な状態

リセールできない状態のチケットはリセールボタンがグレーアウトしています。

チケットぴあのリセール機能
リーセル不可の状態

リセールされるタイミングは

公演によってチケットの販売方法は異なりますが、一般的に、『先行申し込みでの抽選』から『一般販売での先着順もしくは抽選』という流れが多いかと思います。

先行申し込みの抽選で当選発表が出た時点で、リセール商品の出品ができます。そのため落選してしまった方は、落選が決定した時点で、『一般販売』を待つより先にリセール出ていないかこまめにチェックすることをおすすめします!

リセールアラート登録をすれば、リセールのチケットが出品された際に通知を受け取ることができます。

↓リセールが出ている公演には『リセールチケットがあります!』というボタンがオレンジ色で表示されます。

チケットぴあのリセール機能
チケットぴあのリセール機能

本当に人気すぎるチケットはリセールにも中々出品されませんが、可能はゼロではないので根気よく待ちましょう。

リセールの良いところ

リセールはメリットいっぱいで、悪質な転売防止にもなる優れた機能です。公演によってはリセールNGにしているものもあるため、リセールを前提としたチケット購入をする場合は必ず確認をしてください。

重複して当選したチケットを譲れる

友人とそれぞれ先行抽選を申し込んで2人とも当選した場合、チケットが余ってしまいますよね。そんな時はリセールですぐに出品することができます。

今までは余ったチケットや行けなくなってしまったチケットを、SNSなどで譲る人を募集して個人で金銭のやり取りをする必要がありましたが、リセール機能でしたら、そのような面倒なやり取りもなく安心したお取引ができます。

リセール出品されている席がわかる

リセールされている席は席番号が表示されています。「買ってから全然見えない席だった」ということがなく、事前に確認して購入することができます。

チケット2枚購入した場合でも、1枚だけをリセールに出すことができる

友人と行く予定で2枚チケットを購入したけれども、急遽友人が行けなくなってしまった場合は、1枚だけでもリセールに出すことができます。譲りたい席番号を選んで出品するだけでOK。

リセールで購入したチケットも再リセールに出せる

リセールで購入したけれども、やっぱり行けなくなってしまったという場合でも出品できます。ただし、リセールで購入後、24時間経過しないと出品できません。リセールで2枚購入したけれども、1枚は譲りたいという場合でも再リセール可能です。

リセールが成立した場合の返金について

リセールが成立すると、このような画面が表示されます。

チケットぴあのリセール機能
チケットぴあのリセール機能

リセールでチケットが売れた場合、チケットぴあから3週間ほどで振り込み返金があります。チケット代から手数料などを差し引いての返金となるため、自分が得をすることはありません。

リセール利用時の手数料について

  • リセール申込手数料としてチケット代金の10%
  • 口座送金事務手数料として275円

チケット代金から上記2点の手数料が差し引かれた金額が口座返金されます。口座番号はリセールの申し込み時に登録します。

リセールでも売れないことはある

出品をしても、リセールが成立しない場合があります。チケット完売していない公演だったり、席の番号があまりにも悪いと売れないこともあります。

買い手が見つからなかったときは、返金はありません。手数料はリセール成立時に発生するため、リセール成立時の手数料の支払いは不要で、本来のチケット代金のお支払いのみとなります。

リセールできないチケットもある

公演によってはリセール自体できないチケットもあります。そのためリセール前提で購入する場合は、買う前にリーセルができるチケットなのかを確認することをおすすめいたします。

ローソンチケット、通常ローチケにもリセール機能がある

ローソンチケット(通称、ローチケ)でも同じようなリセール機能があります。チケットぴあと流れはほぼ変わらないので参考にしてみてください!

まとめ

リセールは転売防止にも繋がりますし、とても便利な機能です!特にこのようなご時世ですし、行けなくなってしまったチケットの救済処置を公式サービスで利用できるのはありがたいですね。

自分が持っているチケットより良い席がリセールに出ていた場合、購入することもできます。手数料がかかってしまいますが、自分のチケットを出すこともできるので、より良い席を確保できるというメリットもあります。

この記事がどなたかのお役に立てましたら幸いです。

▼ブログ村、登録しました▼

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる